<< 一覧に戻る

新着

特集 ゲノム時代の生殖内分泌学

ゲノムと多囊胞性卵巣症候群

岩佐武柳原里江

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.28 No.2, 59-63, 2021

多囊胞性卵巣症候群(PCOS)には複数の遺伝的素因が関わると考えられている。これらを特定するため,これまで複数のコホートを対象としたゲノムワイド関連解析が精力的に行われてきた。その結果,現時点においてTHADAFSHRDENN1DAINS-VNTRINSRがPCOSの病態に関わる遺伝子として有力視されている。一方,これらの遺伝子がPCOSの病因・病態において果たす機能的役割については証明されておらず,今後のさらなる検討が期待される。
「KEY WORDS」多囊胞性卵巣症候群(PCOS),ゲノムワイド関連解析(GWAS),一塩基多型(SNP)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る