<< 一覧に戻る

特別寄稿

閉経後の肥満

倉智博久

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.25 No.3, 72-76, 2018

女性の肥満で特に問題となるのは,①思春期・性成熟期における肥満と月経異常・妊孕力低下,②肥満妊婦における周産期異常の増加と分娩後の肥満,③閉経後の内臓脂肪型肥満とメタボリック症候群(Ⅱ型糖尿病,高血圧症などの生活習慣病と心血管系疾患)および子宮体癌・乳がんの増加など,である。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る