<< 一覧に戻る

特集 アディポサイトカイン

アディポサイトカインと癌

八幡哲郎

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.21 No.3, 25-30, 2014

「Summary」肥満と癌(悪性腫瘍)の発症や進展をリンクさせるメカニズムのひとつとして,脂肪細胞から分泌されるアディポサイトカインが関与していることが明らかになりつつある。レプチンとアディポネクチンに関する研究が最も進んでいるが,ほかにも複数のアディポサイトカインが関与していると考えられており,細胞増殖,血管新生,慢性炎症を介してさまざまな悪性腫瘍と関連している。悪性腫瘍とアディポサイトカインの関連性の詳細なメカニズムの解明により,予防や治療のターゲットとして利用できる可能性も期待されている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る