<< 一覧に戻る

特集 アディポサイトカイン

アディポサイトカインと肥満症

松澤佑次

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.21 No.3, 17-23, 2014

「Summary」健康障害を有する肥満を,肥満症という疾病概念として捉えるわが国の考え方は,肥満を単なるリスクファクターとして捉え公衆衛生学的に扱う諸外国とは大きく異なっている。その基盤には,内臓脂肪蓄積が肥満に伴う多くの疾病の原因になっていることを明らかにしたことや,その分子学的メカニズムに脂肪細胞から分泌される生理活性物質,すなわちアディポサイトカインの概念が確立されたことが貢献している。本稿では,内臓脂肪の臨床的意義およびアディポサイトカイン,特にアディポネクチンの肥満症,メタボリックシンドロームへの関与を解説する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る