<< 一覧に戻る

性ステロイドホルモン製剤の使い分け

性ステロイドホルモンの臨床応用 (3)性同一性障害と性ステロイド

石原理高橋幸子梶原健岡垣竜吾高井泰

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.18 No.2, 45-50, 2011

Summary
 性同一性障害に投与される性ステロイドホルモンは,大量で長期間に及ぶため慎重なモニタリングが不可欠であり,血中濃度の測定可能なホルモンを選択することが望ましい。身体的性別が男性のMTFでは,経皮・経口エストラジオール製剤を選択することで,血栓塞栓症など重篤な合併症を軽減できる可能性がある。また,身体的性別が女性のFTMについては,経皮・経口テストステロン製剤の新規国内投入が望まれる。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る