<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

血栓症の病態・診断・治療の変遷と展望

池田康夫島田和幸重松宏

血栓と循環 Vol.24 No.1, 64-69, 2016

「創刊23周年を振り返って」
池田:『血栓と循環』は1993年に創刊し,今年で23周年を迎えます.そこで本日は,本誌の編集委員である新小山市民病院病院長の島田和幸先生と山王メディカルセンター血管外科統括部長の重松宏先生をお招きしました.先生方には,循環器疾患における血栓症治療の歴史を振り返っていただくとともに,本誌の果たしてきた役割について語っていただきたいと思います.島田先生は,本誌の創刊時から編集委員を務められており,創刊時は自治医科大学循環器内科に所属されていました.そして,重松先生は,創刊後3年目から編集委員として参画されました.編集委員に就任された時は,東京大学血管外科に所属されていました.本誌は23年間に85巻が刊行され(2015年12月現在),さまざまな特集テーマが組まれました.私も「血栓症に関するQ&A」等のQ&Aシリーズを過去7回にわたり企画し,血栓症の成因・危険因子,検査・診断,疾患,治療などを解説しました(1994年6月号[Vol.2-No.2],1997年12月号[5-4],1999年6月号[7-3],2001年12月号[9-4],2005年6月号[13-2],2011年3月号[19-1])

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る