<< 一覧に戻る

特集 血栓・塞栓症からみた肺高血圧症

Ⅲ.肺血栓塞栓症における凝固・線溶機能 1.急性肺塞栓症の誘因としての凝固・線溶系異常

加藤史照田邉信宏

血栓と循環 Vol.23 No.3, 19-23, 2015

「論文のポイント」
[1]急性肺塞栓症の多くは深部静脈血栓が遊離し肺動脈に塞栓することにより発症するため,これらのリスク因子は静脈血栓塞栓症のリスク因子として同一と考えてよい.
[2]血管内皮細胞には血管内の血栓を防ぐため,アンチトロンビンが関与するヘパラン硫酸依存性抗凝固機構や,プロテインC・Sが関与するプロテインC抗凝固機構などが備わっている.
[3]代表的な先天性血栓性素因としては,アンチトロンビン欠損症,プロテインC欠損症,プロテインS欠損症が挙げられ,これらの凝固阻止因子欠乏により静脈血栓塞栓症を反復するリスクとなる.
[4]代表的な後天性血栓性素因としては,悪性腫瘍,抗リン脂質抗体症候群,妊娠,経口避妊薬などが挙げられる.
[5]静脈血栓塞栓症の再発例,特発例,若年発症例などは積極的にスクリーニングを行い,予防に努めるべきである.
「キーワード」急性肺塞栓症/静脈血栓塞栓症/血栓性素因

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る