<< 一覧に戻る

特集 データブック 血栓症治療ガイドラインup-to-date

2.心臓 21.ACC/AHA2007非心臓手術患者のための周術期心血管系評価ガイドライン

小島淳小川久雄

血栓と循環 Vol.22 No.1, 107-110, 2014

出 典
Fleisher LA, et al:
ACC/AHA 2007 Guidelines on Perioperative Cardiovascular Evaluation and Care for Noncardiac Surgery: Executive Summary: A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines (Writing Committee to Revise the 2002 Guidelines on Perioperative Cardiovascular Evaluation for Noncardiac Surgery): Developed in Collaboration With the American Society of Echocardiography, American Society of Nuclear Cardiology, Heart Rhythm Society, Society of Cardiovascular Anesthesiologists, Society for Cardiovascular Angiography and Interventions, Society for Vascular Medicine and Biology, and Society for Vascular Surgery.
Circulation 116(17): 1971-1996, 2007

「要約」(クラスIの記載がない場合はクラスIIaを記載) 「術前の非侵襲的な左室の評価」「1. クラスIIa」(1)原因不明の呼吸困難を伴った患者に対する術前の左室評価(エビデンスレベルC). (2)呼吸困難の増悪や病態の変化を伴った心不全患者に対する術前の非侵襲的な左室の評価(術前12ヵ月以内に施行されていない場合)(エビデンスレベルC). 非心臓手術前に放射性核種を用いたり超音波や造影検査などで安静時の左室機能を評価すべきである. しかし安静時の左室機能は虚血イベントの予測因子にはならない. 「術前の安静時12誘導心電図」「1. クラスI」(1)血管外科手術を受ける患者において少なくとも1つ以上の危険因子*を持っている場合の術前の安静時12誘導心電図(エビデンスレベルB). *虚血性心疾患, 心不全, 脳血管疾患, 糖尿病, 腎不全の既往. (2)中等度リスクの外科手術を受ける患者において既知の冠動脈疾患や末梢動脈疾患, 脳血管疾患を有する場合の術前の安静時12誘導心電図(エビデンスレベルC).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る