<< 一覧に戻る

特集 データブック 血栓症治療ガイドラインup-to-date

1.脳 3.急性期虚血性脳血管障害患者の早期治療についてのガイドライン―AHA/ASA

緒方利安

血栓と循環 Vol.22 No.1, 19-20, 2014

出 典
Jauch EC, et al:
Guidelines for the early management of patients with acute ischemic stroke: a guideline for healthcare professionals from the American Heart Association/American Stroke Association.
Stroke 44(3): 870-947, 2013

本稿では昨年公表された急性期虚血性脳血管障害の早期治療についてのガイドラインについて, 簡単な要約と論評を述べることとする. 「要約」「脳卒中治療における質の改善のプロセスについて」Telemedicineやteleradiologyについて, 新たにrecommendationが追加されている. Telemedicineは地方の脳卒中の専門家がいない状況下で, 適切な治療を可能にしたとするエビデンスが増えてきており, 神経内科医や神経放射線科医不足を解決する方法かもしれない, と述べられている. Teleradiologyはある場所で画像撮影をした後に, 診断もしくは治療方針の相談目的に他の場所へ転送する能力のことを言い, telemedicineの中心的な役割を果たす. そして, 画像を解釈する専門家が存在しない場合は, 適切な組織によって認可されたteleradiologyのシステムが, 脳卒中が疑われた症例に適時にCTやMRIを施行可能であり勧められる, とされている.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る