<< 一覧に戻る

Medical Pictures

特発性樹枝状肺骨形成の家族例

斉藤漸太郎池上直弥半田知宏中西智子谷澤公伸平井豊博

THE LUNG perspectives Vol.27 No.3, 1, 2019

症例は27歳時に気胸を発症し,CTで両肺びまん性にhigh-densityの多発結節陰影を認めた男性(図1).外科的肺生検の病理組織にて肺胞腔内に多数の骨形成を認め(図2),特発性樹枝状肺骨形成と診断した.本症例と類似の胸部CT所見を呈し,同症と診断した家族を認めた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る