<< 一覧に戻る

特集 急性期の呼吸器管理を検証する

序文

萩原弘一

THE LUNG perspectives Vol.26 No.3, 10, 2018

私が医師になった頃は,人工呼吸器がバード人工呼吸器からサーボ900Cに移行する時期だった.従圧式換気(pressure controlled ventilation;PSV),従量式換気(volume controlled ventilation;VCV)などの手法をどのように使うか,研修医として興味満々で,先輩達に色々聞いて学んだものである.人工呼吸器を装着したいがため,複数病棟の当直を率先して買って出る先輩がいた.呼吸管理をバリバリとこなすその先輩に憧れ,真似をして,病棟当直や二次救急病院での当直を,随分と買って出たものである.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る