<< 一覧に戻る

特集 免疫学の新展開と呼吸器疾患

COPDと肺胞マクロファージ

前野敏孝上野学倉林正彦

THE LUNG perspectives Vol.25 No.4, 42-46, 2017

慢性閉塞性肺疾患(COPD)において肺胞マクロファージは病態の中心を担っており,好中球やCD8Tリンパ球とともに炎症を調整している。また,肺胞マクロファージの主要な役割である貪食能がCOPDでは低下しており,貪食能の低下は炎症を遷延させ,さらには細菌のコロナイゼーションによる増悪の増加につながっている。さらに肺胞マクロファージは自分自身のアポトーシスは抑制し炎症を遷延させている。今後は,肺胞マクロファージに直接作用する薬剤の開発が重要である。その一例としてビスホスホネート製剤の可能性についても概説する。
「KEY WORDS」肺胞マクロファージ,ビスホスホネート製剤,肺気腫,アポトーシス

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る