<< 一覧に戻る

CPC日常臨床から学ぶ

Acute fibrinous and organizing pneumoniaパターンの特発性間質性肺炎が示唆された1例

A case of idiopathic interstitial pneumonia of acute fibrinous and organizing pneumonia pattern

埴淵昌毅大塚憲司塚﨑佑貴坂下直実功刀しのぶ福田悠西岡安彦

THE LUNG perspectives Vol.23 No.2, 2-5, 2015

「はじめに」Acute fibrinous and organizing pneumonia(AFOP)はBeasleyらが提唱した病理組織学的概念であり1),特発性間質性肺炎(idiopathic interstitial pneumonias;IIPs)の稀な一組織型として注目されている2)。臨床経過はびまん性肺胞傷害(diffuse alveolar damage;DAD)に類似するが,報告例が少なく疾患の詳細についてはいまだ十分な知見が得られていない。今回われわれは,慢性好酸球性肺炎(chronic eosinophilic pneumonia;CEP)と診断してステロイド治療を行うも,急速な呼吸不全の進行により死亡し,剖検にてAFOPパターンのIIPが示唆された例を経験したので報告する。
「1.症例」
症例:71歳,男性
主訴:発熱,乾性咳漱,労作時呼吸困難(mMRC grade 3)
既往歴:51歳時に胃・十二指腸潰瘍で幽門側胃・十二指腸切除術,68歳時よりアルコール性肝硬変,アレルギー歴なし
家族歴:特記事項なし
生活歴:既婚,喫煙歴:40本/日×35年間(55歳で禁煙),飲酒歴:焼酎3合/日
職業歴:無職(元銀行員),粉塵曝露歴なし
「Key words」acute fibrinous and organizing pneumonia,特発性間質性肺炎,急性呼吸不全

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る