<< 一覧に戻る

MEDICAL TOPICS

第49回 KL-6発現マウスモデル

KL-6 expressing mouse model

窪田哲也横山彰仁

THE LUNG perspectives Vol.22 No.1, 77-81, 2014

「Summary」これまでKL-6を測定可能な動物モデルはなかった. 一方, hMUC1-Tgマウスは主に腫瘍免疫分野の研究に利用されてきた. われわれは本マウスのII型肺胞上皮細胞にKL-6が発現し, その血清やBALFで測定可能であることを見出した. 本マウスを用いた肺障害モデルにおいてもKL-6は肺障害のバイオマーカーとなることが示された. 本マウスはKL-6研究の動物モデルとしての応用が期待できる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る