<< 一覧に戻る

目でみるアルコールと尿酸

Ⅱ―アルコール飲料による尿酸値上昇のメカニズム

森脇優司

高尿酸血症と痛風 Vol.26 No.1, 1-4, 2018

「ビールには他のアルコール飲料と比べて,プリン体が多く含まれるので,血清尿酸値が上がりやすい」とよくいわれてきた。それではプリン体が少ないアルコール飲料であれば血清尿酸値は上がらないので,飲んでも構わないのかというと,残念ながらそういうわけでもない。ビールに含まれるプリン体だけではなくアルコール自体が尿酸値を上昇させると考えられている。
連載第1回目の「アルコールと尿酸,痛風に関する疫学」では当然のことながら,その関連メカニズムについては明らかにされていない。そこで連載第2回目では,「アルコール飲料による尿酸値上昇のメカニズム」について,これまでに明らかにされてきたことや推定されるメカニズムについて,述べてみたい。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る