<< 検索結果に戻る

第29回 PSAの変化に関係する諸因子

排尿障害プラクティス Vol.19 No.4, 67-71, 2011

はじめに
 前立腺特異抗原(prostate specific antigen;PSA)は,種々の腫瘍マーカーの中では最もよく研究され,臨床応用されているものであり,前立腺癌のスクリーニング検査,診断,臨床病期分類,さらには治療後の効果判定においても用いられている.したがって,測定系の標準化やPSA値に影響する諸因子の理解がより正確な評価において重要である.
 そこで本稿では日常臨床においてPSA値を異常値として扱う場合に,知っておくべきPSA変化に影響を及ぼす諸因子について概説する.

記事全文を読む »

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

連載