<< 一覧に戻る

特集 第37回日本栄養アセスメント研究会発表演題より

特集にあたって

加藤章信

栄養-評価と治療 Vol.32 No.1, 10-11, 2015

第37回日本栄養アセスメント研究会を2014年5月16~17日に,盛岡市のいわて県民情報交流センター アイーナにて開催させていただきました。北東北での開催でしたが,多くの皆様方にご参加いただき誠にありがとうございました。今回の研究は「栄養アセスメントに基づく医療の実践」をメインテーマとして演題を募集したところ,18題の一般演題の応募をいただくことができました。またシンポジウムでは「肝疾患の栄養アセスメントの現状と問題点」というタイトルで,4名の先生方から肝疾患を中心とする栄養アセスメントの実践とそれに関わる問題点を明らかにしていただき,実りある議論が展開されました。また特別講演では,大阪大学臨床医工学融合研究教育センター教授の井上善文先生に「静脈経腸栄養ガイドライン第3版:ガイドライン改訂を踏まえての栄養管理」というテーマでお話していただきました。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る