<< 一覧に戻る

特集 スポーツ医学における栄養

スポーツ食育とビジネス

Food education for sports and business

こばたてるみ

栄養-評価と治療 Vol.30 No.2, 29-32, 2013

「SUMMARY」スポーツ栄養や食育, スポーツ食育に関わる仕事に就きたい, それらの分野で起業したいと考える人が増えているが, ビジネス(仕事)につなげることが難しいと思っている人も少なくない. スポーツ食育をビジネス化するためには, (1)アイデアと情熱, (2)コミュニケーション能力, (3)ネットワークが必要であり, 利益を得るだけでなく, 消費者やそのプロジェクトに関わるすべての人がメリットを感じる仕組みを作ることが大切だといえる. 「I はじめに」スポーツ選手がひたむきに競技に取り組む姿は勇気や感動を与え, 多くの人々を魅了する. その選手たちを食の面からサポートしたいと思う人も多く, スポーツ現場で働く管理栄養士や栄養士を目指す人が増えている. 一方, 2005年に制定された「食育基本法」を受け, 食育活動も全国各地で盛んに行われている. これらの人気は, 関連ウェブサイトやブログの記事数などからもうかがうことができ, GoogleやYahooなどの大手検索サイトでキーワード検索をすると, 「スポーツ栄養」が約90万件, 「食育」は約114万件, 「スポーツ食育」は約161万件(2013年3月現在)ものサイトがヒットする.
「KEY WORDS」スポーツ食育ビジネス,スポーツ栄養,食育,スポーツ弁当,食育アドベンチャー®ランド

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る