<< 一覧に戻る

第33回日本栄養アセスメント研究会発表演題より

肝硬変患者に対するテーラーメイド栄養管理の血液生化学指標についての検討

奥村仙示山内利香浦野恵利寺本有沙居村暁宇都宮徹島田光生武田英二

栄養-評価と治療 Vol.28 No.1, 18-20, 2011

SUMMARY
間接熱量計により測定される非蛋白性呼吸商(npRQ)は肝グリコーゲン蓄積量を反映し,就寝前夜食(LES)療法適応を判断するための重要な指標であるが,間接熱量計は高価で,測定者への作業的負担が大きく臨床応用しにくい。そこで, npRQを簡便に推定できる血液生化学検査指標を探索した。その結果,遊離脂肪酸(NEFA)によりnpRQを推定することが可能と考えられた。

KEY WORDS
■肝硬変 ■間接熱量計 ■遊離脂肪酸(NEFA) ■非蛋白性呼吸商(npRQ) ■栄養療法

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る