<< 一覧に戻る

特集 食事療法と運動療法

特集にあたって

田村好史

The Lipid Vol.32 No.1, 14-15, 2021

わが国では健康寿命の延伸を目指した取り組みが加速している。健康寿命の延伸のための取り組みとしては,糖・脂質代謝状態の改善が重要であり,現在もメタボリックシンドロームに対する介入が進められている。これにより,疾病予防的な取り組みは医療のなかだけに留まらず,自治体,保険組合でも進められ,さらにヘルスケアは産業化が進み,今後より多面的な取り組みが期待される。特に,糖・脂質代謝疾患の予防・改善には,食事療法と運動療法がきわめて重要であり,誰でも取り組みやすい反面,エビデンスの整理や理解が必ずしも十分でない部分も多く,今後はその整理や正しい理解,生理学的な裏付けなどについて,医療関係者のみならず,一人ひとりが深く知る必要があると考えられる。そこで,食事療法と運動療法の意義について,エビデンスやその基礎的な裏付け,今後の展開などを含む特集を企画させていただいた。各章とも最先端の情報がわかりやすくまとめられており,専門の医師のみならず多くのコメディカルの方や研究者にとっても有益な内容になっている。内容の詳細については,各章をご覧いただくとして,ここでは簡潔に本特集号をoverviewしたい。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る