<< 一覧に戻る

特集 これからの高トリグリセライド(TG)血症治療

Ⅰ.リスクとしての高TG血症

2.ゲノム研究からみた高TG血症の意義

鎌谷洋一郎

The Lipid Vol.28 No.1, 19-26, 2017

21世紀に入り,全ゲノムSNPアレイ,次世代シーケンサー,ヒトゲノムを網羅的に解析する手法の開発が相次ぎ,中性脂肪のように遺伝情報と環境因子が複雑に関係する複雑性形質についてもさまざまなことがわかってきた一方,新たな科学的疑問も次々と浮かんでいる.特に著者の専門であるゲノムワイド関連研究からみた中性脂肪や脂質研究の最近の知見について紹介する.
「KEY WORDS」ゲノムワイド関連解析,高TG血症,eQTL,エピゲノム

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る