<< 一覧に戻る

Meet the Boss

佐々木淳×護山健悟

佐々木淳護山健悟

The Lipid Vol.26 No.4, 110-117, 2015

「西鉄バスの運転士を夢見た幼少期 英文誌の定期購読が幸いして難関突破」
──先生が日本動脈硬化学会の会長をされたときに少しうかがいましたが,まず,子どもの頃のお話からお願いします.
「あまり覚えていないんですよね.母にどんな感じだったか聞いてみたのですが,おとなしかったと言っていました.毎日朝から晩まで三輪車に乗って,『将来は西鉄バスの運転手になる』と言っていたそうです.反面,わんぱくな子供でもあったようで,実家に蔵があって,そこにはアオダイショウがいると聞かされていたのですが,何回も入れられた記憶があります」
「おやじは外科医で,戦時中は海軍で巡洋艦に乗っていたそうです.その後,飯塚市近郊の炭鉱の病院に勤めて,田川市で開業しました.母方の実家も福岡市内で内科を開業していましたし,私もそこで生まれました.母方の祖母は田原眼科という江戸時代から二十数代続いた有名な眼科の出でした.そういう家系でしたから,自然と医学部に行くことになりました」

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る