<< 一覧に戻る

巻頭言

動脈硬化の画像イメージングと病理形態像

上田真喜子

The Lipid Vol.22 No.2, 1, 2011

 近年の種々の画像診断法の開発による,生体での動脈硬化プラークイメージングの進歩は,まさに目をみはるばかりである.どのような画像診断法であれ,動脈硬化の形態イメージは,実際のヒト動脈硬化性プラークの病理形態像を反映しているはずである.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る