<< 一覧に戻る

投稿論文

日本人2型糖尿病患者におけるビグアナイド薬とDPP-4阻害薬の併用効果についての検討

―EBIS試験<第2報>―

片岡隆太郎吉内和富藤田洋平藤木典隆米光新畑﨑聖弘武呂誠司馬屋原豊安田哲行小杉圭右

Diabetes Frontier Vol.28 No.2, 212-218, 2017

ビグアナイド薬とDPP-4阻害薬シタグリプチンを併用した際の,腎機能障害を有する糖尿病患者における血糖降下作用の違いや,腎機能への影響について検討を行った。併用療法で腎症の各病期においてHbA1c,GAはともに改善し,DPP-4阻害薬とビグアナイド薬の併用療法は腎症の病期に関わらず血糖コントロールに有用であることが示された。eGFRによるCKDステージが24ヵ月まで追えた症例で経時的変化も調査を行ったが,大多数の症例で腎症の変化を認めなかった。ビグアナイド薬とシタグリプチン2剤併用療法は良好な血糖コントロールが得られ,発症時の腎症に関わらず,腎症を悪化させることなく良好な経過であった。
「key words」ビグアナイド薬,DPP-4阻害薬,2型糖尿病

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る