<< 一覧に戻る

特集 肥満2型糖尿病の実践的管理

肥満と2型糖尿病~わが国における動向~

植村靖行平安座依子児玉暁曽根博仁

Diabetes Frontier Vol.26 No.1, 20-26, 2015

「はじめに」「肥満」は脂肪組織が過剰に蓄積した状態で,BMI(body mass index)25kg/m2以上で判定される。肥満に起因ないし,関連する健康障害を合併している「肥満症」とは区別されている。肥満のなかでも特に内臓脂肪型肥満は2型糖尿病だけでなく,動脈硬化性疾患発症の危険因子である高血圧症や脂質異常症を発症しやすい。厚生労働省の「平成24年国民健康・栄養調査結果の概要」1)によると,日本人成人肥満者の割合は男性で29.1%,女性19.4%であり,男性はどの年代も25年前と比べると増加傾向にある。一方で女性の肥満者は緩やかに減少しており,若年では特に「やせ」が増加してきている。また,最近では小児期の高度肥満が成人肥満から生活習慣病を発症させる危険が高く,問題視されている。
「key words」肥満,2型糖尿病,MHO,MANW

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る