<< 一覧に戻る

特集 糖尿病と精神疾患

糖尿病とうつ病の実態―Diabetes Distress and Care Registry in Tenri(DDCRT)の結果から

林野泰明

Diabetes Frontier Vol.25 No.3, 269-274, 2014

「はじめに」最近の約10年間で, 糖尿病とうつ病に関して多くの研究が行われ, 両者の間の強い関係が示唆されてきた. まず, 糖尿病の発症とうつ病の発症については, 両方向性の関係が存在することが明らかになっている. 疫学研究におけるうつ病のスクリーニング・ツールであるCES-D(Center for Epidemilogic Studies Depression scale)と糖尿病との関連を検討したコホート研究では, ベースラインのCES-Dのスコアが10点上昇することに, その後の2型糖尿病発症のリスクが約1.1倍上昇することが明らかになっており, 逆にベースライン時に2型糖尿病を有している場合, その後のうつ病の発症リスクが1.54倍になることが示されている1). 糖尿病の有病率についてメタ分析を行った研究の結果を図1に示すが2), 非糖尿病患者と比較すると, 糖尿病患者におけるうつ病の有病割合は実際に高い.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る