<< 一覧に戻る

糖尿病と救急医療

糖尿病足潰瘍・壊疽の急性期治療と血糖管理

新城孝道

Diabetes Frontier Vol.22 No.6, 639-645, 2011

はじめに
 糖尿病足病変はWagner分類1)でのⅠ度(表在性潰瘍)(図1,2),よりⅡ度(図3),Ⅲ度(図4),Ⅳ度(図5),Ⅴ度(足全体の病変)(図6,7)まで分類され,多様で複雑である。

key words
糖尿病足潰瘍/糖尿病足壊疽/血糖コントロール/治療/インスリン

はじめに(続き)

糖尿病の代謝障害に加え,足病変を生じると高血糖の悪化が持続する。足病変の局所要因と全身性要因が相互に悪化促進する。最悪の場合糖尿病昏睡,敗血症やショックで死亡に至る例は現在でも少なくない(図8)

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る