<< 一覧に戻る

リレーエッセイ―“痛み”の周辺から―

(28)オピオイド誘発性便秘症治療薬ナルデメジンの開発

鈴木勉

がん患者と対症療法 Vol.27 No.1, 64-66, 2018

2017年6月に,オピオイド誘発性便秘症治療薬ナルデメジン(スインプロイク®)が塩野義製薬株式会社より世界に先駆けて発売されました。さらに,2017年10月には米国でも日本発のナルデメジンが発売され,緩和医療領域で初の日本から世界に向けて発売された薬物となりました。そこで,今回はナルデメジンがどのようにして誕生したかを振り返りながら,創薬についても考えてみます。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る