<< 一覧に戻る

Pro/Con紙上討論

第17回 食物アレルギー発症予防のための離乳食の早期導入 エディターズコメント

海老澤元宏

喘息・アレルギー Vol.30 No.2, 79, 2017

食物アレルギーが先進国を中心にして世界的に増加傾向にあり,重症化している可能性が示唆されている。乳児期に発症する鶏卵・牛乳・小麦アレルギーなどではそう痒を伴う乳幼児アトピー性皮膚炎に合併して発症することが多く,湿疹のコントロールが食物アレルギーの管理のうえで重要である。さらに湿疹を管理した状態で離乳食をいつからどのように始めるのかということが今回の議論のテーマである。

本討論は,問題点をよりクローズアップすることを目的としており,このテーマに対しあえて一方の見地に立った場合の議論であって,必ずしも論者自身の確定した意見ではありません。

Proの立場から/高増哲也
Conの立場から/近藤康人
・エディターズコメント/海老澤元宏

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る