<< 検索結果に戻る

通年性鼻炎に対するアレルゲン免疫療法

Allergen immunotherapy for perennial allergic rhinitis

喘息・アレルギー Vol.29 No.1, 32-40, 2016

「Summary」アレルゲン免疫療法は抗原特異的に治療が行える利点をもつアレルギー疾患に対する治療法である。しかし,2014年に舌下免疫療法が出現するまではアナフィラキシーショックなどの問題点からその施行は限局的であった。舌下免疫療法の出現で,まずスギ花粉症に対して現在まで30,000人以上の症例が集積され,現在ダニ通年性アレルギー性鼻炎に対しても症例が集まり始めている。治験上では有効性が検討されているが,より多くの症例からその本当の有用性を論じる必要がある。
「Key words」舌下免疫療法,皮下免疫療法,副作用,効果

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録