<< 一覧に戻る

特集 男性骨粗鬆症Ⅱ

Ⅱ.病態 1.男性骨代謝における性ホルモンの役

今井祐記

THE BONE Vol.33 No.3, 33-37, 2020

多くの組織と同様に骨組織にも性差が存在する.一般に性差は,性染色体による遺伝的制御と性ホルモンによる内分泌制御により構築される.近年の遺伝子改変マウスおよびヒトを対象とした研究により,骨組織には性ホルモンの影響が大きく,アンドロゲンおよびエストロゲンの両方により男性骨代謝が制御されていることが明らかになりつつある.
「KEY WORDS」アンドロゲン,アンドロゲン受容体,テストステロン,アロマターゼ,エストロゲン

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る