<< 一覧に戻る

特集 骨代謝マーカーⅣ

Ⅳ.骨代謝マーカーの今後の課題と将来展望 2.骨代謝マーカーによるスポーツおよび身体活動の評価

岩本潤

THE BONE Vol.33 No.2, 97-102, 2019

ハイインパクトエクササイズは骨塩量・骨密度の増加に有用であり,ハイインパクトスポーツに従事するアスリートでは骨密度は高い.月経異常を呈する女性アスリートでは骨密度低下がみられる.組織学的には,運動(荷重や筋力)によるメカニカルストレスの増加は骨形成を促進し(成長期),骨吸収を抑制する(エストロゲン欠乏下)ことは知られている.このようにメカニカルストレスは,局所で骨代謝を調節し,骨量に影響を与えている.しかし,運動・スポーツが全身の骨代謝動態を反映する骨代謝マーカーに及ぼす影響については,月経異常を有する女性アスリート以外では,確立されていないのが現状である.
「KEY WORDS」有酸素運動,無酸素運動,ハイインパクトエクササイズ,ハイインパクトスポーツ,女性アスリート

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る