<< 一覧に戻る

特集 骨代謝マーカーⅣ

Ⅱ.骨代謝マーカーによる骨粗鬆症治療効果のモニタリング 4.逐次療法,併用療法と骨代謝マーカー

萩野浩

THE BONE Vol.33 No.2, 51-57, 2019

骨形成促進薬は使用期間に制限があり,中止後に薬剤投与をしないと骨密度の減少を生じるため,骨吸収抑制薬への逐次投与が必要である.変更後には骨吸収マーカー,骨形成マーカーともに速やかな低下を生じるが薬剤によってその程度に違いがある.骨吸収抑制薬から骨形成促進薬への逐次投与では,薬剤の組み合わせで骨代謝マーカーの推移が異なる.薬剤併用では薬剤により骨代謝マーカーの変化に差を認める.
「KEY WORDS」逐次療法,併用療法,骨吸収抑制薬,骨形成促進薬

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る