<< 一覧に戻る

特集 Treat to Targetと最新の骨粗鬆症診断・治療

11.骨強度指標の現状と今後の展望

伊東昌子

THE BONE Vol.32 No.3, 83-86, 2019

骨強度をin vivoに非破壊的非侵襲的に評価するのは不可能であるため,骨強度のサロゲート指標の算出,またはシミュレーションで骨に外力を負荷した状態での骨強度を計測する方法を活用している.前者には,DXAやCTデータから大腿骨骨強度を算出するHSA(Hip Structure Analysis),後者には有限要素解析(Finite Element Analysis)がある.それぞれの意義,有用性,問題点を述べる.
「KEY WORDS」Bone strength,Hip Structure Analysis(HSA),Finite Element Analysis(FEA),Computed Tomography(CT)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る