<< 一覧に戻る

特集 変形性膝関節症の早期病変の診断から治療まで

Ⅱ.早期OAの病態 4.ゲノムからみた早期KOA

多久和紘志池川志郎内尾祐司

THE BONE Vol.32 No.1, 61-66, 2018

変形性膝関節症(Knee osteoarthritis:KOA)は多因子遺伝病である.全ゲノム相関解析(Genome-wide association study:GWAS)をはじめとする相関解析が行われてきたが,その遺伝的要因は十分に解明されたとはいえない.早期KOA研究による明確なKOAの定義の確立は相関解析の精度向上に繋がる.我々は超音波での軟骨早期病変の評価に基づくKOAのGWASを行っている.
「KEY WORDS」変形性膝関節症,全ゲノム相関解析,疾患感受性遺伝子,超音波

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る