<< 一覧に戻る

特集 変形性膝関節症の早期病変の診断から治療まで

Ⅰ.早期OAの定義と疫学 4.OA疫学と早期OA

吉村典子

THE BONE Vol.32 No.1, 35-38, 2018

3,040人が参加する住民コホートROADスタディのベースライン調査から,変形性膝関節症(Knee osteoarthritis:KOA)有病率を求めたところ,54.6%(男性42.0%,女性61.5%)であった.ベースライン調査参加者3,040人中2,485人の参加を得た第2回調査で,ベースラインと2回目のKL gradeを同一の整形外科医が比較読影を行う方法でKOAの年間累積発生率を推定したところ,年間2.9%(男性2.1%,女性3.6%)となった.
「KEY WORDS」疫学調査,ROADスタディ,knee osteoarthritis,early osteoarthritis

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る