<< 一覧に戻る

特集 変形性膝関節症の早期病変の診断から治療まで

特集にあたって

中田研

THE BONE Vol.32 No.1, 21-22, 2018

本誌THE BONEの読者である整形外科や運動器関連の医療・保健従事者,研究者だけでなく,超高齢社会において世界のトップランナーである日本全国の老若男女にも,骨・運動器の加齢にまつわる研究および社会活動は非常に重要であり,わが国での先進的な研究や活動が世界をリードすることになります.今回の特集の「変形性膝関節症の早期病変」は,早期膝OAとして近年,急速に研究が進んでいる分野ですが,その理由は,従来の診断で進行して戻すことのできない関節変形や破壊に至ってからの治療ではなく,さらに早い時期での治療・予防を可能にする,という社会からの大きなニーズのためです.運動器の機能を保ち,身体活動を維持・向上する,というミッションは,健康長寿社会に大きな役割をもっています.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る