<< 検索結果に戻る

骨を見る立ち位置⑤-遊泳装置としての肩-

THE BONE Vol.31 No.3, 95-98, 2017

前回,特殊化した肩甲骨に踏み込んでみた.穴居性・掘削性ロコモーションにおいて,肩甲骨がどのような形状に進化するのかという論議であった1).だが,掘削行動は,多かれ少なかれ前肢による土砂の破砕と除去というプロセスをとらなければ,実現されない.つまり掘削においては,前肢が必ずや一定の主要装置とならざるを得ないのである.そこで,同じ特殊な運動であっても,今回は遊泳を取り上げてみたい.遊泳は,掘削と比較して,前肢への依存度が適応様式や系統によって大きく異なることが推察される.遊泳適応系統群の肩甲骨の形状はどのようなものなのか,検討を加えることにしよう.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録