<< 検索結果に戻る

Ⅲ.骨粗鬆症リエゾンサービスの実践―OLS‐7の運用 6.骨粗鬆症のQOL・ADL評価

THE BONE Vol.31 No.1, 97-100, 2017

骨粗鬆症に伴う骨折は患者の健康関連QOLに与える影響が大きく,その定量的な評価は,治療の有効性評価のみならず,診療上の意思決定においても重要である.骨粗鬆症領域では,プロファイル型の包括的尺度としてSF-36,疾病特異的尺度としてJOQOLなどが利用できる.また,治療の費用対効果評価を視野に入れた場合,選好による尺度としてEQ-5Dの利用が推奨される.
「KEY WORDS」QOL評価,健康関連QOL,SF-36,JOQOL,EQ-5D

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録