<< 検索結果に戻る

Ⅱ.骨粗鬆症リエゾンサービスと骨粗鬆症学会認定医制度 2.骨粗鬆症マネージャー認定制度

THE BONE Vol.31 No.1, 41-45, 2017

骨粗鬆症マネージャーは骨粗鬆症リエゾンサービスを担う医療関連職(メディカルスタッフ)のことで,日本骨粗鬆症学会が認定制度を設けて認定している.医療関連国家資格の保有,レクチャーコース受講,日本骨粗鬆症学会会員,認定試験合格の4点が認定基準である.現在2,000名弱の骨粗鬆症マネージャーが誕生しており,骨粗鬆症予防と骨折の1次予防,2次予防にかかわる多岐にわたる取り組みに力を発揮することが期待されている.
「KEY WORDS」骨粗鬆症マネージャー,骨粗鬆症リエゾンサービス,メディカルスタッフ,骨折予防,骨粗鬆症予防

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録