<< 検索結果に戻る

特集にあたって

THE BONE Vol.31 No.1, 15-16, 2017

筋骨格系の機能異常が高齢者・超高齢者の自立度と生活の質に大きな影響をあたえることは十分に理解されるようになってきた.その一方であまりにも急速に超高齢社会が進行したため,医療・介護の仕組みが十分に状況に対応しきれず,治療・指導の知識と手段が存在しながら,それが患者さんに届けられていない現状がある.すなわち,スクリーニングとしての検診があまり行われず,治療・生活指導が継続しないまま,骨折というイベントだけが折り重なっていくという悲惨な状態である.
医療者としてそのような状況を座視することはできないため,国際的には骨粗鬆症財団が,国内では日本骨粗鬆症学会が,新しい診療支援システムを構築することで,この状況を打破する取り組みを始めている.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録