<< 検索結果に戻る

αklotho 遺伝子変異マウスの低リン餌飼育による歯槽骨の組織異常回復

THE BONE Vol.31 No.1, 3-8, 2017

線維芽細胞増殖因子(fibroblast growth factor:FGF)23は骨細胞から産生され,腎臓の近位尿細管に存在するαklotho/ FGFR1c複合体に結合することでsodium/phosphate cotransportertype Ⅱa/Ⅱcを抑制し,血中リン濃度を低下させる.したがって,αklotho発現抑制ではFGF23は作用できず,血中のリン濃度が上昇する.また,αklotho発現が抑制されたマウスには,プロモーター領域の変異で転写活性が著しく低下したkl/kl マウスおよびgene targetingによりαklotho 遺伝子を欠損するαklotho -/-マウスの2種類が存在し,ともに同様の組織異常を示す.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録