<< 一覧に戻る

特集 ステロイドホルモンと骨―基礎から臨床まで

Ⅱ.性ステロイドと骨代謝 9.デヒドロエピアンドロステロンと骨代謝

DHEA and bone metabolism

大中佳三高柳涼一

THE BONE Vol.28 No.4, 91-96, 2014

副腎アンドロゲンであるDHEAは特異な加齢変動を示し,長寿マーカー,抗老化ホルモンとして注目されている.DHEAには抗糖尿病作用,抗肥満作用,抗動脈硬化作用などのさまざまな作用が知られており,骨代謝に関してはDHEA補充療法による骨密度増加が報告されている.骨芽細胞にはアロマターゼが発現しており,エストロゲン分泌の低下した閉経後女性ではDHEAが局所でエストロゲンに変換されるintracrine作用によって骨粗鬆症の発症予防に働く可能性がある.しかしながら,DHEA補充療法の骨折リスクへの効果については十分な報告がなく,さらなる研究の進展が望まれる.
「key words」デヒドロエピアンドロステロン(DHEA),骨代謝,DHEA補充療法,アロマターゼ,intracrine作用,ランダム化比較試験(Randomized controlled trial:RCT)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る