<< 一覧に戻る

特集 ステロイドホルモンと骨―基礎から臨床まで

Ⅰ.糖質コルチコイドと骨代謝 3.ステロイド性骨粗鬆症の発症メカニズム

Mechanism of glucocorticoid-induced osteoporosis(GIO)

井上大輔

THE BONE Vol.28 No.4, 35-39, 2014

糖質コルチコイド(GC)は,特に投与初期に急速な骨密度の低下と骨質の劣化をもたらし,骨折リスクを増加させる.GCによる骨組織の変化は一般に海綿骨優位に起こる.GCは全身のCaおよびP代謝やホルモンの分泌作用にさまざまな影響を及ぼすが,ステロイド性骨粗鬆症(GIO)の主病態は骨芽細胞系細胞に対する直接的な効果とIL-11やIGF-1などの骨形成性サイトカインの抑制などに基づく骨形成の低下である.
「key words」骨形成,骨質,糖質コルチコイド受容体(GR),interleukin-11,IGF-1

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る