<< 一覧に戻る

学会レポ―ト

第45回日本造血・免疫細胞療法学会総会を終えて

赤塚美樹

Pharma Medica Vol.40 No.3, 38-39, 2023

2023年2月10日(金)~12日(日)に開催いたしました、第45回日本造血・免疫細胞療法学会総会についてご報告させていただきます。私が学会総会長を拝命したのが2020年3月3日でしたので、その後の3年間まさにwithコロナで準備を行い、総会の終了と共に(まだ分かりませんが)最後の大流行が去ったという印象です。学術総会のテーマとして“Let’s get excited about new technologies in transplantation and cell therapy”を掲げており、当初は3年後には現地開催できると信じておりましたので、学術総会の半年前にハイブリッド開催の決定を下した後も、2022年末から始まった最大の第8波のなかで現地開催はできるのかと不安にさいなまれました。蓋を開けてみれば、参加人数は3,571名(うち現地参加2,107名)と全体で過去最多を記録し、また第44回学会総会から9カ月後の開催であったにもかかわらず420題もの演題をご発表いただき、盛会裏に終了することができました。コロナ禍終盤のリバウンドも支援材料だったと考えております。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る