<< 一覧に戻る

連載 Medical Scope

多発性硬化症の診断マーカー研究の進歩

田中章景

Pharma Medica Vol.39 No.11, 67-70, 2021

多発性硬化症(multiple sclerosis:MS)では,診断に加え,再発や進行を判断する確実なマーカーが存在しないことが,臨床上の課題となっている。IgGインデックスやオリゴクローナルバンドは古くから,中枢神経炎症を反映する髄液マーカーとして使われてきた。ニューロフィラメントやGFAPは髄液・血液マーカーとして,重症度や疾患進行の予測因子となりうる可能性がある。また,マイクロRNAもMS病態を反映するマーカーとしての期待が高まっている。さらに,Nogo受容体アンタゴニストのLOTUSは,再発や進行を反映するマーカーとして有望である。しかし,これらのいずれもが感度,特異度の点で確実なマーカーとはいえず,さらなるマーカー開発が望まれる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る