<< 一覧に戻る

特集 貧血と諸疾患の機序を探る

がんと貧血

友松純一

Pharma Medica Vol.39 No.11, 39-47, 2021

がん患者のおける貧血はよく起きる症状の1つである。The European Cancer Anemia Survey(ECAS)では,15,367例の化学療法中のがん患者における貧血(chemotherapy-induced anemia:CIA)を調査した。この結果,6ヵ月の経過観察中に約40%の患者がヘモグロビン(hemoglobin:Hb)<10g/dLであることが認められた。放射線療法による貧血でも約20%程度で報告されている1)。がん患者に伴う貧血はquality of life(QOL)の低下2)3)だけでなく,全生存期間にも影響すること4)が報告されている。また,貧血により腫瘍内低酸素分圧の低下が助長されるため,放射線治療効果の低下5)や,治療抵抗性腫瘍細胞の選択により治療効果の低下6)をもたらす可能性がある。
「KEY WORDS」フェリチン,ヘプシジン,エリスロポエチン,HIF-2α

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る