<< 一覧に戻る

特集 乾癬を見直す~臨床薬理学の観点から~

特集にあたって

朝比奈昭彦

Pharma Medica Vol.39 No.10, 7-8, 2021

乾癬は,アトピー性皮膚炎と並ぶ代表的な皮膚の慢性炎症性疾患で,診療する機会も多い。特に欧米の白人では,その有病率がわが国の0.3~0.44%に対して2%強にも及ぶcommon diseaseである。乾癬の発症には,遺伝的背景および各種の環境因子が関わっており,前者はHLA-C遺伝子を筆頭に,さまざまな遺伝子の多型が疾患感受性をもたらしている。乾癬は難治で患者QOLを損なうため,その病態に根差した有効性の高い治療を目指して,研究が飛躍的に進んでいる。この特集では,乾癬の病態から治療まで,最新の話題を含めてあらためて見直すためにエキスパートに解説していただいた。冒頭にその概要を紹介したい。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る