<< 一覧に戻る

特集 糖尿病診療最前線2021

特集にあたって

一人ひとりに寄り添って

山内敏正庄嶋伸浩

Pharma Medica Vol.39 No.5, 7-8, 2021

2016年の国民健康・栄養調査によると,糖尿病の可能性を否定できない者の数は,2012年に比較して減少しているものの,糖尿病が強く疑われる者の数は増加して1,000万人となっている。日本糖尿病学会による「糖尿病の死因に関する調査委員会」による調査で,2001~2010年の10年間の糖尿病患者の平均死亡時年齢は,平均寿命と比較して,男性が8.2歳,女性が11.2歳の差があることが報告されている。2020年には,第4次「対糖尿病戦略5カ年計画」が策定され,糖尿病患者と非糖尿病患者の寿命の差を短縮し,糖尿病患者の生活の質(quality of life:QOL)を改善させることを目標としている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る