<< 一覧に戻る

特集 間質性肺炎診療の今・未来

Ⅰ 特発性間質性肺炎の診療 治療

井上 義一

Pharma Medica Vol.38 No.3, 19-25, 2020

特発性間質性肺炎(idiopathic interstitial pneumonias:IIPs)は,現在,2013年に発行された米国胸部疾患学会(American Thoracic Society:ATS)/欧州呼吸器学会(European Respiratory Society:ERS)による「改訂IIPs国際集学的合意分類」に基づいて分類されている1)
つまり,慢性線維化性間質性肺炎のカテゴリーとして,①特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis:IPF),②特発性非特異性間質性肺炎(idiopathic nonspecific interstitial pneumonia:iNSIP),喫煙関連間質性肺炎のカテゴリーとして③呼吸細気管支炎を伴う間質性肺疾患(respiratory bronchiolitis-associated interstitial lung disease:RB-ILD),④剥離性間質性肺炎(desquamative interstitial pneumonia:DIP),急性/亜急性間質性肺炎のカテゴリーとして⑤特発性器質化肺炎(cryptogenic organizing pneumonia:COP),⑥急性間質性肺炎(acute interstitial pneumonia:AIP),さらに,稀少IIPsとして⑦特発性リンパ球性間質性肺炎(idiopathic lymphocytic interstitial pnaumonia:iLIP),⑧特発性pleuroparenchymal fibroelastosis(iPPFE),そして⑨分類不能型IIPsに分類される。
「KEY WORDS」特発性間質性肺炎,特発性肺線維症,治療

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る